防草シートの正しい使い方を知ろう

雑草

夏になると雑草は草むしりを行っても直ぐに伸びてしまい、その都度草むしりをしなければならないなど苦労されている人も多いのではないでしょうか。雑草は生命力が強い植物ですが、防草シートを利用する事で雑草が生え難い状態にする事が出来ます。

防草シートの使い方について

防草シートは雑草を生え難くしてくれる特殊なシートです。しかし、シート自体に雑草が生えないようにする薬品が付いていたり、土の上にシートを敷き詰めたりすれば良いと言う事ではありません。
雑草は光合成を行う事で伸びて来る植物の一つであり、防草シートには太陽光線を遮断するための工夫が取られています。
土の上に防草シートを張ってあげる事で太陽光線を遮断する事が出来るため、雑草が生え難い環境にする事が出来ます。
因みに、シートの色は黒色になっているため、シートの下に伸びようとする雑草に光を照射させずに済むため、雑草が伸びて来る事を防止する事が出来ると言う事です。
シートを土の上に敷き詰めただけでは風などが吹けばシートがめくれてしまう事もありますし、風が強い時などはシートが風で飛んでしまう事もあります。
そのため、防草シートを敷き詰めた後は、その上に砂利などを敷き詰めてあげる事で防草シートを固定する事が出来ますし、砂利を敷き詰めてあげる事で、黒い色をしたシートを目隠しさせる事が出来るようになります。
因みに、最近は黒色だけではなく、緑色や白色などの防草シートもあります。

雑草は他の植物の栄養も奪ってしまう事もあります

農作物を栽培している農家などの場合、雑草が生えて来る事で農作物への影響を考え、その都度草むしりをしなければならないと言ったケースもあります。
夏時期と言うのは1年の中で最も雑草など植物が活性化する時期でもあり、大切に育てている農作物への栄養を雑草が吸収してしまえば、農作物の出来栄えも悪くなるので、その都度草むしりをしなければならないと言う事も少なくありません。
防草シートと言うと、一般的な住宅の庭に利用するシートと言ったイメージを持ちますが、農作物を栽培している農家などでも防草シートを活用し、農作物を守ろうとしている所も多くあります。
防草シートはポリプロピレンを初めとして、ポリプロピレンとスパンボンド不織布製、表面がポリエステルで、裏面がポリプロピレンを利用しているものなど、色々な種類があります。
これらの素材と言うのは通気性を持つ事、雨などが降った場合でもシートの下に水を浸透させてくれる効果を持つため、雑草に対しては光や水などを与えずに、農作物だけにしっかりと水を与える事が出来る効果を期待出来ます。
防草シートを利用する事で品質の高い農作物を作る事が出来ます。

色々な防草シートを販売しています

防草シートを購入したいと言った場合には園芸ショップやホームセンターなどに行けば購入する事が出来ます。しかし、庭中に敷き詰めて雑草対策をしたい、ビニールハウスなどの農地に利用したいと言った場合など、大量の防草シートが必要になる事もあります。
車などを所有している人であれば、ホームセンターなどを利用して、庭に必要な防草シートを大量購入も出来ますが、車が無い場合などでは一度に購入する事が出来る量も限られてしまう事になります。
最近は、通販サイトを利用する事で防草シートを購入し、それを宅配便などで自宅などに届けてくれるお店があります。
農地などにあるビニールハウスの中であれば、防草シートを敷き詰め、軽く土をかけておけば雑草対策を行う事は出来ます。
しかし、一般的な住宅の庭に防草シートを敷き詰めた場合、そのままの状態の状態ではシートが丸見えになってしまい、折角の庭が台無しになってしまいます。
シートを敷き詰めた後は、風などで飛ばされない、見た目を良くする目的で砂利を敷き詰める事になりますが、通販サイトでは砂利などの販売も行っていますし、砂利についても一緒に宅配便などを利用して送って貰う事が出来るのでお勧めです。