防草シートで面倒な庭掃除から解放されちゃおう!

手作業で苗を植える農家の人畑やお庭の草むしりは本当に大変ですよね。野菜やお花よりも早いペースでぐんぐんと大きくなって、なかなか草むしりが追い付かないことがよくあります。
特に、夏の暑い日などには、草むしりから解放されたらどんなに楽だろうと思いませんか。そんな方には防草シートをおすすめします。

防草シートにはどんなものがあるの?

広い畑全体に雑草がいっぱい、というかたも多いのではないでしょうか。草むしりをしないですめば、どんなにいいだろうと思っても、そんなに広い範囲に防草シートを敷き詰めるなんて無理に違いないと思っていませんか。
最近は、輸入の防草シートが販売されていて、価格がお安いものもいっぱい出ています。例えば、一番売れているものだと、厚さ0.2ミリ、幅0.5~2メートル、長さ20~100メートルのもので、1巻700円くらいからあります。
また、もう少し耐久性のあるものでは、厚さ0.3ミリ、幅0.7~2メートル、長さ50~100メートルで、1巻3800円くらいのものも人気です。
遮光性があるので雑草が生えにくく、切ってもほつれにくい生地になっています。目安になるラインが入っているので使いやすいですよ。

透水性や保水性を重視するかたのための防草シートも

お安くて、広い場所でたくさん使いたい人向けの防草シートだけではなく、透水性や保水性、もしくは、より耐久性を望まれる方にぴったりな防草シートなど、いろいろな種類や品質のものが売られています。
透水性が高いシートは、水や空気をよく通してくれるので、雑草が生えるのを防ぎながら、野菜の生育を妨げる心配がありません。お水をよく通してくれるので、水やりが簡単です。また、軽いので扱いやすいのが特長です。
夏などは特にそうですが、お水が切れるとすぐに枯れてしまう野菜などがありますよね。そのような植物を育てるときには、保水性の高い防草シートを使うと水切れの心配がありません。
表地がポリエステル、裏地がポリプロピレンでできているのでとても丈夫です。必要に応じた種類や品質の防草シートを使うと便利です。